FXの知識

スキャルピング・デイ・スイングトレードってなに?

スキャルピングトレードについて

一定の方向に動く相場の時はスキャルピングトレードが映える場面です。

レバレッジを大きくかけ1回の取引で数pips得る事を複数回繰り返し、利益を得ていく手法です。

ただしスキャルピングはどの通貨でも適しているわけではありません。

 

スキャルピングに向いている通貨

 

スプレッドが狭い通貨が向いている通貨です。

ドル/円、ユーロ/ドルなどが日本の取引所でも比較的スプレッドが狭くスキャルピングに適しています。

また、瞬時の判断が必要なため、チャートを見て入れる集中力と時間が大切になります。

 

 

デイトレードとは?

10分足~30分足を用いた数分から数時間でのトレードの事をいいます。

こちらを多く行っている人をデイトレーダーと言ったりもします。

チャートをずっと見ているのは無理だけど、1日数回はチェックしたい方に向いています。

 

スイングトレードとは?

1時間足以上を用いて数日から数か月かけてトレードする事をいいます。

スイングトレードの場合スワップポイントもつくので、スワップポイント狙いでトレードする方もいます。

毎日チャートを見るのは難しい方、長期的に見て投資をしたい方に向いています。

 

全部のトレードができるFX会社を選ぼう

上記のトレードはあくまでトレードスタイルをカテゴリ分けした呼び名であり、デイトレードだからスキャルピングをしてはいけないといったことではありません。

デイトレードが得意な人もいれば、スキャルピングが得意な人もいます。

逆にどちらも苦手でスイングトレードだけ得意な人もいます。

それぞれ人によって様々ですので、どのトレード方法が自分にあっているのかは実際にトレードして確かめてみるのが一番です。

なお、日本のFX会社はノミ行為を行っているため売買回数の多いスキャルピングは注文処理に負担をかけます。よって自分たちの都合で、日本のFX会社はスキャルピングを規制しているところが多いです。例えばD社とかG社なんてのはスキャルピングをしたトレーダーの口座を凍結して取引できないようにする始末です。

それぞれのトレードが規制なくできるのは海外のFX会社です。

特にXMなら一般的なテクニカルから玄人好みのテクニカルなどのほとんどを搭載しており、自前の裁量トレードから自動売買までスキャルピングの規制がない世界基準のFX会社です。

こちらのサイトではXM口座開設を丁寧に解説しています。