未分類

FXのスプレッドとは・・・

スプレッドとは

FX業者で取引をする際の取引手数料になります。

通称スプなどと言われております。

基本的にFX業者の収入のメインはこちらになります。

1ドル100円の為替時に1ドル100円10銭で投資家に売ります。この10銭がスプレッドです。

スプレッドはFX業者間でも通貨によっても相違します。また、その時の全体の変動量により変化します。

自分が何の通貨を取引するのかを決め、スプレッドが小さいFX取引業者にて登録するのがおすすめです。

スプレッドは狭いほうが良いのか広いほうが良いのか?

スプレッドに関しては数値が小さいことを狭い、数値が大きいことを広いといいます。

スプレッドはもちろん狭いほうがいいです。

例を参考にしてみます。

ドル円1ドル100円00銭の時100万通貨買う注文をするとします。

A社 100円003銭(スプレッド0.3)×100万通貨=1,001,000円

B社 100円004銭(スプレッド0.4)×100万通貨=1,004,000円

上記をご覧のとおりB社で買ってしまうと3,000円も高く買うことになりますし、1ドル100円50銭くらいまで上がらなければ利益は得れませんのでスプレッドは小さいほうが良いです。

狭いスプレッドに興味があるのであればXM口座開設をしてみるといいでしょう。

XMのZERO口座はハイレバレッジなのに0.3pipsなどの低スプレッドを提供しています。

こちらのサイトではXM口座開設を丁寧に解説しています。