FXの知識

指標とは

指標って何?どんなものがあるの?

為替に影響がある要人発言や各国の経済状況の数値の発表のことを指標といいます。

この指標は毎日あり、その内容により重要度が異なります。

指標でも有名なのが雇用統計

指標でも有名なのが雇用統計・FOMC後の発言・失業保険申請件数などあります。
こちらが発表の時間はチャートが上下に激しく動きます。
また指標前までの動き方と発表されてからの動き方が真逆になることもありますのでとても重要です。

有名な指標の米国雇用統計は毎月第一金曜日午後10:30など周期が決まっています。

 

指標での変動割合は何故違うのか。

また発表後の為替相場の動きの変動幅は予想されていた内容とのギャップで変動します。
予想されていた数値よりギャップが大きければ大きいほど動き幅が大きく、ギャップ幅小さいほど、動きは小さくなります。

また指標の重要度は★であらわされていたりしますが、重要度が低くても同じ時刻にいくつも同時発表される場合は注意が必要です。

 

指標の他にも

記者会見などで金利や戦争などについて発言された場合、相場が反応し激しく動くこともありますので注意してください。

 

また様々な世界各国の指標に対応しているXM口座開設をしてみるといいでしょう。日本のFX会社は日本とアメリカ、ヨーロッパくらいしか対応していない前時代的なところもあります。

反面、XMなどでは世界に対応しており、マイナーであるトルコや南アフリカなどにも対応しています。

XMのZERO口座はハイレバレッジなのに0.3pipsなどの低スプレッドを提供しています。

こちらのサイトではXM口座開設を丁寧に解説しています。